イベントで大活躍|オリジナルTシャツで個性的な自分を演出

レディ

初心者でも手に入れやすい

革

大容量がお得なセットも

ソーイングや小物作りが好きな人だと、布だけでは物足りず、革が使いたくなることもあるでしょう。今ではネットショップや手芸店でも広く売られており、手に入りやすくなっています。ただ革といってもいろいろな種類があり、その特性によって用途が異なるので知識として入れておくといいでしょう。一般的に多く流通しているのは牛です。ステアハイドと呼ばれる牡牛の革は流通量も多く手に入れやすい素材です。国産として生産できるのは豚で、スエードなどは靴などにも使われています。その他にも馬や鹿、山羊、羊などがありますが、初心者に使いやすくよく見かけるのは牛革でしょう。なかでも、いろいろな大きさにカットされているはぎれは安価で試しやすく人気です。はぎれは、バッグなど大きな革製品を作る時にどうしても出てしまう余り部分です。革の質としては申し分なく、小物に使用するのであれば十分な大きさです。布小物のポイントとして使用することで、ピリッとしたアクセントにもなります。男性だと、財布やキーホルダー、スマートフォンケースを手作りする際にも使えます。ネットショップでは、はぎれセットが量り売りされ、お楽しみ袋としても売られています。用途を限定して、種類や大きさを決めて購入することも可能ですが、こうしたはぎれセットを利用すると、普段は選ばないような色や質感のはぎれが入ってくることもあり、作品の幅を広げる可能性も出てきます。どのお店が自分に合っているのかわからないときは、まずは少量のはぎれを購入してみて、気に入ったらよりお得な容量で購入するといいでしょう。