イベントで大活躍|オリジナルTシャツで個性的な自分を演出

レディ

自分に合った保管方法

裁縫

大切に保管しましょう

パッチワークやキルティングをする際に使用するのがキルト糸です。パッチワークやキルティングの布の色や、作品のイメージに合わせて様々な特徴色のキルト糸を使用すると作品のクオリティもあがるでしょう。自分が思い描いた色のキルト糸でぬうことができたら素敵な作品になるでしょう。キルト糸は、様々な色が販売されています。お店で並んでいるのを見ると圧巻です。作品ごとにぴったりのキルト糸を購入していくと、家での保管方法に悩むこともあると思います。お店のように背丈ほどもあるような陳列棚にずらりと並べられるご家庭はさほど多くはないでしょう。各ご家庭で工夫をしてライフスタイルに合わせた保管方法をしていることと思います。ご家庭でキルト糸を保管する方法としてまず思い付くのは、糸立てや糸巻きラックと呼ばれるような長方形の板に棒が何本も立っているような形状のものでないでしょうか。その棒の部分にキルト糸をさして保管するという方法です。たくさんの色が並んでいると眺めるだけで素敵ですし、おしゃれです。ですが、キルト糸の使用頻度が高い方はそれでも構わないですが、そのようにキルト糸をカバーのない状態で保管していると埃がつき、実際に使用する際に布を痛めることにもなりかねません。また、日に当たることで退色したり、糸自体が切れやすくなることもあるそうです。使用頻度が低い方やこの色はあまり使わないといった場合は日に当たらないようなケースに入れて保管する方がよいでしょう。