イベントで大活躍|オリジナルTシャツで個性的な自分を演出

男性

自分に合った保管方法

裁縫

パッチワークやキルティングに使用するキルト糸は、自分に合った保管方法をするとよいでしょう。使用頻度が高い場合は糸立てなどに立てて並べて保管するとよいでしょう。使用頻度が低い場合やあまり使わない糸は退色や劣化を防ぐため、日に当てないように保管するのがよいでしょう。

オリジナルで作れる

Tシャツ

誰でも簡単にデザイン可能

文化祭を始めとする各種イベントなどで「オリジナルTシャツ」を作りたいとなった場合、どのような手順を踏めばよいのでしょうか。まずはTシャツの形やデザインを決める必要があります。デザインの提出方法はメーカーにより異なりますが、最近ではデザイン系のソフトや専門知識が無くても、メーカーのサイトから好きなロゴや文字を入力するだけで簡単にデザインが可能な場合もありますので、誰でも簡単にオリジナルTシャツを作ることが出来ます。デジカメやスマホなどで撮影した写真をプリントすることも出来るので、お子さまの誕生日などの記念アイテムとしてオリジナルTシャツを作るのもいいですね。Tシャツの形とデザインが決定したら、文字やイラストの色や向きなどを確認し、あとサイズや枚数を指定してメーカーに依頼するだけです。なお、忘れてしまいがちなのがTシャツの背面のデザインなので、デザインを考えるときは前面だけでなく背面とのバランスなども考えるようにするといいでしょう。また、メーカーの中にはサイト上でデザインを無料で体験出来るところもあります。こうしたサイトを利用すると完成形のイメージが掴みやすいので、ぜひ1度お試し下さい。そして気になる費用ですが、これはメーカーによりかなり差があるだけでなく、Tシャツの素材や注文する枚数などによっても1枚辺りの単価が異なるため一概には言い切れませんが、2,000円〜5,000円(1枚)程度と考えておけば問題ないでしょう。

初心者でも手に入れやすい

革

ハンドメイドソーイングをしていると革を使いたくなることがあります。広く流通しているのは牛革で、はぎれであれば安価で手に入れやすいです。はぎれといっても大きさは十分で、布小物のポイントとして、財布やキーホルダーの作成にも使えます。まずは少量のはぎれを購入し、気に入ったらお得な容量にするといいでしょう。

好みのパーカーを作成

パーカー

パーカーを作成する時に、価格が安いだけの業者を選ぶと品質の悪さに後悔してしまう方もいます。まずは理想とするパーカーをイメージして、口コミ情報を集めて調べておくと良いでしょう。素材に関しての知識もある程度把握しておくと良いしょう。